出産祝いに感動や思い出を!世界に一つの喜ばれるギフト【アルバムえほん】

■代金引換(お届け時現金払い) 手数料のお知らせ■ 電話注文のお客様は、送料540円+代引手数料324円がかかります。詳細はこちらから
●AME04ピーターラビット™アルバムまめえほん● web入稿は商品廃盤に伴い停止しました。ご不便をおかけし申し訳ございません。
ご郵送(着払い)以外でお申し込みご希望の方は、お問い合わせください。

アルバムえほん商品一覧 > コラム > 双子の赤ちゃんのアルバム整理のポイントとは

双子の赤ちゃんのアルバム整理のポイントとは

双子の赤ちゃんが生まれた場合、2人分の写真を撮ることになるので、1人の場合よりも写真が多くなってしまいます。
そのため、アルバム整理をどのようにしたら良いのか悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、双子の赤ちゃんのアルバムの整理のポイントについてご紹介いたします。

■双子の赤ちゃんは1つずつアルバムを作るべき?

双子の赤ちゃんが誕生すると、ツーショットの写真を撮る機会も多いのではないでしょうか。
また、生まれて○ヵ月ということや、イベントごとも2人一緒に行うので、同じような写真が多いことでしょう。

そのため、アルバムは1つずつ必要なのかと疑問に感じてしまうところです。
結論から言えば、たとえ双子の赤ちゃんであったとしても、アルバムは1人1つずつあったほうが良いでしょう。

なぜなら、それぞれが成長して大人になり、独立したり結婚するに至ったとき、小さい頃のアルバムをそれぞれが持っていくことになります。
しかし、そのときにアルバムが1つしかないと、分けることができなくなってしまいます。
双子の思い出を共有するためにも、アルバムは1つずつ作ってあげたいですね。

■アルバムの整理のポイント

双子の赤ちゃんでよくあるのが、どちらの写真なのかわからないということです。
双子の赤ちゃんはよく似ていることが多いので、写真だとどちらかわからないことがあります。
そこで、わからなくなってしまう前に、分けてしまうのが整理のポイントです。

アルバムは時間があるときに作れば良いですが、写真はなるべく細目にプリントして、1人ずつの写真ボックスを作っておき、そこに整理しておきましょう。
そうすれば、後からアルバムを分けて作るときに簡単です。

■絵本アルバムが喜ばれます

写真の中には、イベントごとに大切なものがそれぞれあるでしょう。
例えば、誕生の瞬間やお宮参り、誕生日などです。
その他にも、初めてハイハイした記念日や立ち上がった記念日など、赤ちゃんの記念日は尽きることがありません。

そこで、双子の赤ちゃんそれぞれに、イベントごとによって絵本アルバムを作ると、成長を思い出に残すことができます。
大人になって家を出るときも、絵本アルバムであれば持っていきやすいですし、親の愛情を感じることができるのでおすすめです。

双子の赤ちゃんは2人一緒に育児をしなければならないので、そこに写真整理も加わるとなると大変なところです。
しかし、1人1人を尊重するようなアルバムを作ることによって、子供が大きくなってからでも喜んでもらえることでしょう。▽小まめアルバム作りができないからこそ、メッセージまで残せるアルバム絵本をきちんと作ってあげることは、価値のあることかもしれません。ぜひ頑張ってチャレンジしてみてください。