出産祝いに感動や思い出を!世界に一つの喜ばれるギフト【アルバムえほん】

■代金引換(お届け時現金払い) 手数料のお知らせ■ 電話注文のお客様は、送料540円+代引手数料324円がかかります。詳細はこちらから
●AME04ピーターラビット™アルバムまめえほん● web入稿は商品廃盤に伴い停止しました。ご不便をおかけし申し訳ございません。
ご郵送(着払い)以外でお申し込みご希望の方は、お問い合わせください。

アルバムえほん商品一覧 > コラム > 赤ちゃんの手形の取り方(絵の具・粘土)のコツや注意点

赤ちゃんの手形の取り方(絵の具・粘土)のコツや注意点

赤ちゃんの手形の取り方には、いくつかの方法がありますが、絵の具や粘土を使った方法が一般的ではないでしょうか。
そこで、赤ちゃんの手形の取り方について、コツや注意点を紹介いたします。

■絵の具を使った手形の取り方

絵の具を使った手形の取り方は、赤ちゃんの手に好きな色の絵の具を塗って、紙にペタンと赤ちゃんの手を押しつけるだけです。
赤ちゃんの手が動かないよう軽く押さえつけ、指の跡もしっかり残るよう一本ずつ押さえつけるようにしましょう。

絵の具にもいくつか種類がありますが、水で簡単に落ち、赤ちゃんの肌への負担が少ない水性絵の具がおすすめです。

絵の具で手形を取るコツは、絵の具が乾いてしまわないうちに手早くを取ることです。
赤ちゃんが手を開いているタイミングを見計らって、手際良く行いましょう。

また、赤ちゃんが絵の具のついた手であちこち触ってしまったり、絵の具のついた手を口に入れてしまったりしないように、注意する必要があります。
そのため、できるだけ素早く手形を取って、速やかに絵の具を落とすことが大切です。

■粘土を使った手形の取り方

粘土を使った赤ちゃんの手形の取り方は、平たく伸ばした粘土に、赤ちゃんの手を押しつけます。
ここでのコツは、できるだけ強めに押しつけることです。

一般的に工作用に販売されている紙粘土よりも、赤ちゃんの手形を取るための専用の粘土を使った方が、失敗が少ないでしょう。
また、粘土の場合には絵の具よりも、あちこちを汚す心配はありませんが、やはり粘土のついた手を口に入れないように注意が必要です。

■手形を取る時の共通のコツや注意点

絵の具でも粘土でも、両方の方法に共通するコツとしては、赤ちゃんが手を握らないうちに取り終わることです。
また、絵の具や粘土を口に入れてしまわないように注意する必要があるため、必要な道具は予め取りやすい位置にセットし、ウェットティッシュなどで赤ちゃんの手をすぐ拭ける準備をして始めると良いでしょう。

赤ちゃんのご機嫌をとりつつ上手に手形を取るには一人では大変な場合もあるので、家族で協力しあって作業するようにしましょう。


手形を取るのは少々手間のかかる作業ですが、赤ちゃんの時のかわいらしい小さな手を、お子さんが大きくなった後までも残せるという、大きなメリットがあります。
くれぐれも赤ちゃんの負担にならないように気をつけながら、思い出に残る手形が取れると良いですね。