出産祝いに感動や思い出を!世界に一つの喜ばれるギフト【アルバムえほん】

■代金引換(お届け時現金払い) 手数料のお知らせ■ 電話注文のお客様は、送料540円+代引手数料324円がかかります。詳細はこちらから
●AME04ピーターラビット™アルバムまめえほん● web入稿は商品廃盤に伴い停止しました。ご不便をおかけし申し訳ございません。
ご郵送(着払い)以外でお申し込みご希望の方は、お問い合わせください。

アルバムえほん商品一覧 > コラム > 男の子の七五三はいつ(何歳で)やるのか

男の子の七五三はいつ(何歳で)やるのか

七五三は、つい華やかな女の子に注目されがちですが、男の子にとっても成長を祝う大事な行事です。

男の子の七五三を祝う意味も含めて、いつ何歳で行うのが望ましいか、その起源から考えてみましょう。

■七五三はいつ?何月何日?

七五三は11月15日に祝われています。
旧暦での11月は収穫の感謝を神へ捧げる月であり、15日は鬼が出歩かないとされる「二十八宿の鬼宿日」
の吉日であったことにより、何事をするにも最良の日であるとされたことが由来の1つとされています。

また、江戸幕府の第5代将軍綱吉が、長男である徳松の健康を祈願したのも11月15日あったというこ
とも、きっかけの1つといわれています。

■男の子の七五三はいつ(何歳で)でやる?

七五三は、地方や世代により祝い方が異なりますが、現在では満年齢で数えて男の子は3歳と5歳、女
の子は3歳と7歳で祝うのが一般的とされています。
昔と同じく数え年の年齢に合わせたり、男の子は5歳の1回だけの場合であったり、7歳も含めて3回祝
ったりと、その回数や年齢は地域により様々です。

七五三には必ずそうでなければいけないという決まりがないため、子どもの成長や家庭のしきたり、地
域の風習に合わせた年齢で行うものとされています。

■男の子の七五三を祝う意味と儀式

3歳の七五三は「髪置の儀」といい、髪を伸ばし始める儀式が成り立ちとされています。
平安時代、3歳になるまでは男女共に髪の毛を剃ることで、より健康な頭髪が生えるようになると信じら
れていたようです。
また、男の子が5歳で祝う七五三は「袴着の儀」といい、男の子が初めて袴を身に着ける儀式です。
袴は公の場で身に着ける、今でいう晴れ着であったため、幼児から男として社会の一員へ仲間入りをす
るという仕切りの意味があります。
古くは皇族で男女共に行われていた儀式でしたが、江戸時代から男の子の5歳の儀式として定着してい
ます。

■男の子だって七五三は楽しい!

七五三と聞くと、つい華やかな着物が連想され、女の子の行事のような印象を持つでしょう。
確かに、初めてお化粧を施してもらったり、華やかなヘアメイクで着飾ったりする女の子は、男の子よ
りも目を惹くかもしれません。

ですが、男の子の羽織袴姿も、幼いながらも凛々しく、子どもの確かな成長を感じられるでしょう。
写真館でも男の子用に華やかな洋装などもレンタルされており、普段と違った雰囲気の子どもを祖父母
や親族に見せられる良い機会でもあります。


男女の違いはあるものの、子どもの成長を祝いそして願う気持ちに違いはありません。
男の子でも女の子でも、七五三を楽しく祝いたいものです。